トップページ > お菓子 > 上生菓子

上生菓子

上生菓子

【御園井裕子先生 監修のデザインを春華堂 和菓子職人の技術で表現】
鎌倉「手毬」代表の御園井裕子先生は、鮮やかな女性らしいデザインの上生菓子で人気を博している創作和菓子作家。
そんな御園井先生のデザインと、春華堂が誇る和菓子職人たちの技術がひとつになって、季節の上生菓子が新しくなりました。

■上生菓子 うさぎ
2020年の十五夜は10月1日。今回は十五夜を象徴する「うさぎ」を煉り切りで表現しました。
■上生菓子 桔梗
清々しい青紫色の星形の花と 紙風船の様に可愛く膨らむ蕾が魅力的な秋の七草のひとつ、「桔梗」を煉り切りで表現しました。
■上生菓子 玉菊
桜とともに国花とされ、古くから日本で親しまれている花、「菊」を煉り切りで表現しました。
■上生菓子 紫式部
秋にいっそう濃くなる紫色が魅力の「紫式部」がモチーフ。葉の形の練り切りに、赤紫羊羹で紫式部の実をつけて表現しました。

商品名 上生菓子
本体価格

各400円+税

販売時期 2020年9月1日~2020年9月30日
消費期限

1日

販売店舗