トップページ > お菓子 > 上生菓子

上生菓子

上生菓子

【御園井裕子先生 監修のデザインを春華堂 和菓子職人の技術で表現】
鎌倉「手毬」代表の御園井裕子先生は、鮮やかな女性らしいデザインの上生菓子で人気を博している創作和菓子作家。
そんな御園井先生のデザインと、春華堂が誇る和菓子職人たちの技術がひとつになって、季節の上生菓子が新しくなりました。

■上生菓子 結び
煉り切り餡と小豆こし餡で、日本人にとって特別な花である「菊」と、お祝いの紅白の「水引」を表現しました。
全体を華やかな紅白に仕上げた、おめでたい上生菓子です。
■上生菓子 雪中花
12月から1月にかけて咲き乱れる水仙の花をモチーフにしています(雪中花=水仙の別名)。
煉り切りで水仙の華やかな白い花とピンと伸びた葉っぱを表現しました。
■上生菓子 冬てまり
冬枯れの木々に雪が降り積もる情景をイメージした、冬らしい色合いの練りきりをお楽しみください。
■上生菓子 福うさぎ
私たちに福を運んできてくれるような、ころんと愛らしいうさぎをモチーフにした練りきりです。

商品名 上生菓子
本体価格

各400円+税

販売時期 2021年1月8日~2021年1月31日
消費期限

1日

販売店舗